PC shop
  • shop
  • facebook
  • instagram

Designer

300×300

MIKA KANEKO

1981年 静岡県生まれ エスモードジャポン卒

Designer Instagram  @mika_okmt

専門的に学んだ服飾デザイン・パターンの知識を生かし、卒業後アパレルメーカーに入社。得意としていたイラストやグラフィックデザインを生かしデザイナーとして勤務しました。洋服や小物の企画を担当し服飾雑貨にも携わる中、身近に感じ興味を持ったものが金属デザインでした。

その後、アクセサリーへの興味の深まりとともに、アクセサリーを専門に扱うメーカーへ転身を決意。扱う素材を生地から金属へとシフトし、アクセサリーを通じてのデザイン表現と技術を磨き、経験を積みました。数年の勤務の後、2007年自身のオリジナルアクセサリーブランドOuca【ウーサ】としての活動をスタート。扱うアイテムや素材のバリエーションを増やしながらコレクションの展開を続け、現在に至ります。

 

ブランドの立ち上げは幼いころからごく自然に思い描いていた仕事の形でした。

趣味が油絵と陶芸で、金子鉄工所を営み職人でもあった祖父と、工場の事務仕事を切り盛りしていた祖母。医療機器の分野で会社を経営していた父。 3人の子どもを育てながら、洋服、革小物制作、インテリア、園芸など多岐にわたる手仕事の趣味に驚くほど熱心だった母。自らしいスタイルで仕事や生活と向き合っていた家族の存在や、あたたかみのある手作りの品に囲まれ過ごした幼少期が、今の私の生き方の根っこの部分かもしれません。

 

また、私自身も、結婚・出産を通じ新たな視点を持つようにもなりました。現在は2人の女の子を育てる母親という立場でもあり、このかけがえのない存在と、そこから放たれる力強いエネルギーを仕事の中にも織り交ぜながら日々取組んでいます。その様々な経験が、キッズコレクションやジュエリーラインNUQUE【ニューク】の展開にもつながりました。ライフスタイルが変化しても、Oucaというブランドが生活に根付いたところで柔軟に形を変えながら存在していけるよう、これからも力を注いでいけたらと思います。